企業がベトナム進出に必要な戦力と進出する理由とはなにか

進出

日本の企業が積極的にベトナムに出る理由

ベトナムは日本よりも物価が安い事で知られていて、現地に住んでいる国民は若くて有能な人材が多いので、経費と即戦力の面で安定して企業を運営できる期待値が高くなっています。
日本で物を作る時に原材料や人件費が高い事に悩んでいた企業の中で、物価などが安いベトナムに進出する事で経費を出来るだけ安く抑えて損失のリスクを抑えている企業が増えています。最近は技術が堪能な日本人を現地に送り込んだり、ベトナムに住んでいる若者と一緒に協力しながら企業を大きくしたり、技術を教え合う事で更に会社を大きくしている企業が増えています。
日本から進出する時は、日本の文化を始めとして接客の手法や製造の技術を現地の住民に伝える事で、更に生活に豊かになるというメリットがあります。最近は経済の活性などの目的を持つ企業に対して、ベトナムに進出する時に会社の運営などの面で積極的に支援してくれる会社が増えています。現地でベトナム人を雇う時に注意する事や雇用した後の社員の使い方などを教えたり、住み心地などの環境の面に関して詳しく知っているアドバイザーから様々な助言を得られたり、効率よく運営する為の相談を行っています。
進出する時には、支援してくれる会社を有効的に活用する事が現地での運営の成功に繋がります。

日本企業のベトナム進出について

近年、アジア圏の発達は、目覚ましいものとなっております。特に発展途上国のカンボジア、ミャンマー、ラオス、ベトナム、タイなど南アジアの国々が最近は、急速に発展しております。
中でも、ベトナムには、大手企業の工場や、大手の商業施設などが進出して急速に国が発展してます。なぜ?ベトナムに進出するようになったんでしょう?それは、中国が発展しすぎたのが原因とも言われています。
一昔前は、日本の大手企業の工場は、中国の安い土地と、安い人件費を求めて、次々に進出しました。そして、安い人件費により多大な利益を得たわけです。そして、それから、10年以上経った今、世界の経済の中心になるまで、中国は発展してしまいました。そうすると、物価が高くなり、人件費も上がってしまったため日本の企業は、中国での生産をできなくなってしまいました。
そこで、次に人件費が安く、日本に近い国ということでベトナムに進出する企業が増えてきた訳です。実際に、ベトナムに進出した企業は、中国よりもいいと言います。やはり、中国を悪く言うわけではないんですが、人の性格が、中国人よりも勤勉で最初は、できなくても努力して、まじめに取り組むのがベトナム人のいいところだと企業側も言っています。実際に、中国の商品に近い品質を数年で成し遂げられたのもベトナム人の勤勉さ故であるかと思います。

ベトナムに進出している企業について

近年ベトナムに工場を設置している企業に勤務していますが明確な理由があります。国内から海外に生産拠点を移転した国は中国です。人権費の高騰と中国市場への進出が大きな理由です。その後中国の複数の場所に工場を設置していますが、別の国への進出は考えられていませんでした。
東日本大震災で生産が停止する業界があり災害時での生産リスクを回避する流れが生まれました。中国での生産も例外ではなく国情不安や人権費の高騰から違う国での生産が検討されるようになり、候補としてタイやベトナムなどアジア地域が検討されることになりました。理由は最大の市場として中国であることには変わりないので近辺諸国であることや人権費、インフラの整備しやすいこと、部品が入手しやすいことがあげられます。
この中で部品調達が良いことは重要で、すでに海外に進出している日本企業が多い国が有力候補になりベトナムが該当します。その企業の周辺には日本や中国の部品メーカーが進出しているので金型生産するときの品質面やコスト、納期遵守に信頼性があるからです。ベトナムは治安も安定していて人権費も中国に比べれば安く、親日性もあるので人気があります。最大消費国である中国にも近いので製品を輸出するのも有利になっています。


ベトナムの進出は日本にとって大きな利益になっているのです!
ホンダバック株式会社では、企業のニーズにお応えすることができる、ベトナム人を提供してくれるのです!ベトナム人の雇用でスピーディーで生産効率が上がるのです!!ぜひあなたの会社にも雇用を考えてみてはいかがでしょうか?最近では進出が大きなサポートになっているのです!

Press release

update contents

TOP